龍鳴情報サイト

日本人の”アメ車”のイメージ

アメ車(アメリカ車)といえば米国の自動車メーカーが生産している自動車のことですね。かつて数多くあった米国の自動車メーカーも、いまやゼネラルモーターズ(GM)、フォード、クライスラーの大手3社、いわゆる「ビッグスリー」に淘汰されています。
適正処分 | オリックスのサービス | オリックス自動車のビジネスカーリース ...

さて、近頃TPPでも話題になりましたが、昔は日米の貿易摩擦でもあったように、日本車が米国でシェアを拡大している一方で、日本国内ではアメ車があまり売れませんでした。その状況は現在もあまり変わらず、その原因は次のように言われています。
廃車 手続きナビ
まず、そもそもアメ車の多くは、「長距離」を「高速巡航」で走ること要求される一方で、未舗装道路など悪条件を走ることも必要とされる前提に作られているため、車体自体に大型で頑強な構造を持たせると共に、それを自由に動かすだけの大排気量エンジンによるパワーを搭載し、柔らかいサスペンションに大きなタイヤを履かせた高めの車高というスタイルでした。
自動車運送事業の監査方針、行政処分基準等の改正 ... - 国土交通省

これは相対的に燃費性能が犠牲になるとともに、足回りの悪い自動車の典型として見なされ、日常的な街乗り中心の「短距離」を「比較的低速」で走る「整備された道路」が多い日本にはあまりマッチしていなかったというわけです。

しかし、現在のアメ車においては、上記の状況は必ずしも当てはまりません。たとえば燃費に関しても、ハイオクとレギュラーの違いはあれど、いわゆるハイクラスモデルどうしを比較した場合、アメ車が燃費性能で上回っている例も少なくないのです。

また故障が多いとされる事例の多くは、もともと品質劣化を隠蔽された輸入中古車が市場に蔓延した時期があったことや、その独特の構造のために修理を行える技術を持つ業者が少なく、そのため技術の低い業者が施した不完全な修理が廃車買取りこちら故障の再発を招くなど、アメ車本来の性能とは無縁の部分で「低品質」のレッテルが貼られてしまった面もあるようなのです。

環境性能や燃費性能向上にいち早く取り組み、高い技術力で自動車市場を牽引してきたのは間違いなくアメリカです。では今後、日本でアメ車が普及することがあるのでしょうか。

これは現段階では難しいと言えます。一度落ちてしまった信用を取り戻すのが容易ではないのもさることながら、外圧での解決を目論み、「日本向けのアメ車」を開発しようという意識を持たない限りは、仮に今後どのような「自動車時代」が訪れようとも、決して日本の自動車市場で成功することはないでしょう。